冠婚葬祭 無駄について

日本の冠婚葬祭について

日本は昔から伝統やしきたりを重んじる風習があり、特に冠婚葬祭においては地域ごとにも特徴があります。例えば結婚式では親族や友人だけでなく、近所に住んでいる方達まで大勢披露宴に招待して盛大にお祝いをするのが当たり前であるとされていることもあります。けれども現代の若い世代の考え方は少しずつ変化してきており、結婚式などに莫大な費用を費やすことを避ける傾向が強くなっています。この原因の一つとしては日本経済の低迷により労働賃金の低下や不安定な雇用により日常生活を送るだけで精一杯になっていることです。よって冠婚葬祭にお金を使うことは無駄であると考えられるようになり、昔に比べて盛大に行うことはしなくなってきました。さらに核家族化や近所の方達との交流もなくなっていることもあり、以前に比べて人間関係が希薄になっていることも理由として挙げられます。このようなことから日本の冠婚葬祭は今後変化していくことも予想されます。

Copyright© 冠婚葬祭 無駄 All Rights Reserved.

日本の冠婚葬祭について
冠婚葬祭 無駄