冠婚葬祭 無駄について

最近の葬儀事情について

冠婚葬祭のイベントの中で、葬式は古くから存在する最も厳かで重要な儀式です。日本では多額の費用をかけて大規模で豪華な葬式を行うことが最善とみなされてきましたが、社会構造の変化や格差の広がりが起因して、最近はこうした考え方が徐々に変わりつつあります。少子高齢化の影響で参列者の少ない葬儀が増え、高額な費用を支払えない貧しい家庭が増加したことで、手順を簡略化した少人数制の葬儀が注目を集めているのです。無駄のない必要最低限のサービスを希望する人にとって、一日で儀式が完了する一日葬や、少人数で行える家族葬は魅力ある葬儀です。このような新しい葬儀は一般的な葬儀と比べて費用が安い傾向があります。現在主流である一般葬は、平均すると二百万円前後の費用がかかる高額な葬儀ですが、新しい形式の葬儀は従来型と比べるとおよそ半額の費用で済みます。従来型よりもコンパクトな葬式になるため、遺族の心身にかかる負担が比較的少ないといわれています。

Copyright© 冠婚葬祭 無駄 All Rights Reserved.

最近の葬儀事情について
冠婚葬祭 無駄